メラニン色素と白髪染めの関係

SITE MENU

白髪染めの情報サイトポイントはここだ!

白髪染めの情報サイトポイントはここだ!のmain画像

「白髪染め」を使わなければならない状況というのは、「白髪」にならないためのメラニン色素がうまく形成されないということが原因の1つだといわれています。

メラニン色素と白髪染めの関係

カラーリングなどをした後というのは、頭皮が弱りに弱ってしまっている状態だといわれています。

そのため、その状態が長く続いてしまうと、最終的には白髪染めを使って髪の毛を染めなければならない状況に陥ってしまうことも少なくありません。

白髪染めを使わなければならない状況というのは、「白髪」にならないためのメラニン色素がうまく形成されないということが原因の1つだといわれています。

そのため髪の毛を染めた後というのは、あるべくその日は美容院で髪をしっかりと洗っていると思いますから、バスタイムも髪の毛はなるべく洗わないようにするだとか、髪の毛を洗ったとしてもしっかりと頭皮エッセンスをお風呂上がりにつけて頭皮のケアをしてあげるとか、そういったことをしてあげるだけで、白髪染めを使わなければならない状況をぐんと低くすることができます。

それだけではなく、きちんとケアしてあげることによって、カラーリングした髪の毛の色持ちであったりだとか、パーマのふわふわ感をより長持ちさせておくことができるようになるのです。

そのため、一石二鳥ということになりますから、髪の毛を染めた後というのはしっかりと頭皮に気を使ってあげるといいでしょう。

ほかにも、なるべく頭皮にダメージがいかないようにしてがることも大切です。

頭皮というのは乾燥してしまうとちょっとしたことでダメージを負いやすくなってしまいますから、保湿された状態に保つことが大切でしょう。