気になるニキビ治療大解剖!in新宿

ニキビ治療をするなら、新宿がよいでしょう。新宿はクリニックが多く、治療方法の選択肢も豊富で、夜間・土曜日の診療も行われています。

一般皮膚科と美容皮膚科の違い

on 2017年8月14日

多少の吹き出物なら、市販薬を塗ったり肌を清潔にすることである程度改善できますが、手に負えなくなるぐらい多くできてしまったり、繰り返しできるしつこい吹き出物にはやはりニキビ治療が必要です。

たかがニキビで病院なんて…と思う人も多いですが、病院に行った方が治りも早く跡も残らないのです。

若い子の間では、こんな衝撃的な洗顔も⇒歯磨き粉で洗顔?間違いだらけのニキビ対策「JK緊急座談会」

新宿にはニキビ治療のためのクリニックが多数点在しています。

ですが、新宿はクリニックが多すぎて選びづらいという人は一般皮膚科と美容皮膚科という基準で選ぶのもひとつの方法です。

【一般皮膚科】

皮膚疾患の治療を目的とした病院のことです。

よく街中で見かけるような皮膚科の病院と同じと考えてよいでしょう。

一般皮膚科でのニキビ治療はできてしまったニキビそのものを治すことが目的であり、治療内容は主に膿みを出す処置や抗生物質などの投薬、炎症を抑えるための塗り薬の処方が中心です。

治療はすべて保険診療の範囲内で行われるため、負担は安くなりますが、その分治療方法や機器に制限があります。

【美容皮膚科】

美容皮膚科の治療はニキビの根治のために様々な種類の治療を受けられることが特徴です。

現在最もポピュラーな方法であるケミカルピーリングや、レーザー、光を使った治療を専用の器具を使って行います。

また、ピンポイントなニキビ治療だけでなく、ニキビをこれから作らないよう美肌に導くアプローチとしての治療も行っています。

ただし、これらの治療はすべて保険適用外のため、治療費が高額になるのがデメリットです。


Comments are closed.