気になるニキビ治療大解剖!in新宿

ニキビ治療をするなら、新宿がよいでしょう。新宿はクリニックが多く、治療方法の選択肢も豊富で、夜間・土曜日の診療も行われています。

ニキビ治療の方法②レーザー

ニキビ治療の方法として、新宿の一般皮膚科や美容皮膚科で注目されているのが、レーザー治療です。

新宿のクリニックでは大抵のところでレーザー治療を行っているため、ケミカルピーリングと並んで人気のニキビ治療といえるでしょう。

【レーザーの種類】

・炭酸ガスレーザー 二酸化炭素を用いたレーザーメスを使って、ニキビ部分に照射します。

ニキビ部分の皮膚を焼き切って穴をあけ、毛穴の膿みや皮脂を排出させます。

腫れのひどいニキビや白ニキビ・黒ニキビなどに効果があります。

・ロングパルスレーザー 主に脱毛に使われているレーザーです。

若干のピーリングや赤みのあるニキビに効果があるとされています。

作用は穏やかであるため、ニキビに直接効くというよりも赤みをなくして、ニキビを作りにくくする目的に用いられます。

・フラクショナルレーザー 主にニキビ跡に使われます。

炭酸ガスと同じ性質のレーザーですが、広範囲に照射することで無数の小さな穴があくことにより、肌がターンオーバーしようとするのです。

それによってニキビ跡の凹凸が平らに近づくとされています。

【レーザーは跡が残るのか】

レーザー照射後は、やはりかさぶたのような跡が残ります。

ですが、クリニックの指導を受けてきちんとケアをしていれば自然とかさぶたは剥がれ落ちて跡が残らないような仕組みになっています。

脱毛と同じで、照射後の日焼けや紫外線は色素沈着を起こし文字通り「跡」になってしまいますので気をつけましょう。

ニキビ治療の方法②レーザー はコメントを受け付けていません。